簡単に作れる!

写真を選ぶ手間が省ける、1番簡単なフォトブックの作り方

画像データをフォトブックを作る機器に読み込ませれば自動でフォトブックを作ってもらえる。そんなサービスがあるのをご存知でしょうか。写真が大量に溜まっている、いつかアルバムを作ろうという気持ちはあるけれど時間がないという方にも利用しやすいサービスです。使うのは、普段から使っているパソコンやスマートフォンです。フォトブックを作るサービスのWebサイトにアクセスして、表示される手順に従って画像データをアップロードします。あとは良く撮れている写真を機器が選んで配置し、フォトブックのデータを編集してくれるのを待ちます。編集が終わったら、その出来栄えを確認して注文すれば作業は完了。写真を選ぶ手間も、配置する手間もかかりません。なお、このサービスはカメラ店などにある端末で利用することも可能です。全くの1人で作業するのは心配という場合は、カメラ店の店員さんに手順を教えてもらいながら作るのも良いでしょう。

ちょっとこだわりたいなら、テンプレートを活用

初めてフォトブックを作るけれど使う写真は自分で選びたい、配置は自分で決めたいという方におすすめするのが、テンプレートを使うタイプのサービスです。1ページに何枚写真を入れられるか、またどこに横長の写真を入れて縦長の写真を入れるかなどが決まっている、いわば「ひな形」のある所に写真をはめ込んで作っていく方法です。どのようなテンプレートがあるかは写真をはめ込む作業を始める前に選択できますので、好みや理想とするフォトブックのイメージに合わせて選ぶとよいでしょう。写真をはめ込んでいく作業も、普段からパソコンやスマートフォンを使っていれば難しいことはありません。パソコンを使って編集する場合はドラッグ&ドロップが、スマートフォンを使っている場合はスワイプやフリックができれば作業が可能です。また、コメントをつける場合にも、文字入力さえできれば問題はいりませんから、簡単に編集できます。