フォトブックって何?

フォトブックってこんなもの

フォトブックとは、自分で作れる写真集のこと。写真はスマホやデジタルカメラ、あるいはCD-ROMなどに入ったデータ化されたものを用います。そのデータをフォトブック作りを請け負う業者が提供するソフトあるいは編集画面を用いて編集すると、印刷や製本を経て1冊の写真集になって手元に届くのです。フォトブック作りを請け負っている業者は数多くあり、価格帯やフォトブック自体の仕様も様々です。また、作成方法も業者によって違い、写真を撮影した期間を設定すればいい写真を機器が選定して作ってくれるサービスもあれば、自分で1から写真の配置や大きさを決める、フリーテンプレートのサービスもあります。そして、編集の際に使用する媒体も自分のパソコンやスマホを使って行えるものもありますし、カメラ店などにある端末を使用するサービスも提供されています。

フォトブックの活用場面

フォトブックの活用場面は様々です。まず、結婚式や卒業式といった人生の節目となる行事をまとめるのに役立ちます。家族や友達からもらった写真、あるいはプロのカメラマンから買い取った写真が大量にある、という場合も目玉になる写真は大きく、それ以外は小さく編集すれば1冊のフォトブックにまとめることができます。高画質で紙質のよいフォトブックにまとめれば、長持ちする記念の一品ができあがります。また、子どもの成長記録にと撮った写真も1年に1度作るようにすれば厚みのあるアルバムではなく、すっきりとした冊子になるため保存もしやすく、本棚に並べて見返しやすい記録になるでしょう。日々の何気ない風景を撮るのが好き、という方も1年に1度作れば、せっかく撮った写真をためておくだけ、という状況を脱却できるのではないでしょうか。