フォトブックの使い方

まずはここから!心に残るイベントをまとめてみよう

フォトブックを作ってみたいけれどどんな風に作ったらいいか分からないという場合は、イベントをテーマにしたフォトブックから作ってみてはいかがでしょう。普段あまり写真を撮らないという方も、家族旅行や子どもの学校行事などのイベントならば写真を撮っているということもあるのではないでしょうか。そういった時に撮影した写真を現像していない、整理の仕方が分からないというならばまさに、フォトブックの出番です。フォトブックならばたくさんの写真を1冊にまとめることができますし、書店で見る本と変わらない美しい体裁にまとめることが可能だからです。編集の際にはあまり難しく考えず、撮った写真を撮った順に入れ込んでみましょう。特に好きな写真やよく撮れている写真は、周りの写真よりも大きくすると見た目に変化が付きます。そういった作業を繰り返すうちに、自分流のフォトブックの作り方のコツもつかめてくるでしょう。

アイデア次第で使い方は無限

アクセサリーやフィギュアなど趣味で集めているものはないでしょうか。1つずつ写真に収めてフォトブックにすれば、コレクションブックの出来上がりです。現時点で家にあるコレクションの目録として使えますし、持ち重りがしないので外出先で簡単に自分のコレクションを披露することもできます。また、フォトブックは自分が普段からやっていることの記録を残す手段として活用することも可能です。例えば、ネイルの資格を取るために毎日のようにネイルアートを練習しているとしましょう。その日その日の作品を撮影しておき、時系列にまとめてフォトブックを作ってみてはいかがでしょうか。少しずつ上達していく過程を残せるだけでなく、その日その日に練習していたテクニックを写真というわかりやすい形で振り返られる媒体ができるのです。ネイル以外にもお弁当の記録を残す、ダイエット日記を残すなどアイデア次第で様々な使い方ができるでしょう。