フォトブックの種類

フォトブック業界は価格面、サービス面共に充実

フォトブックは今や私達の生活に当たり前の様に定着をしているフォトサービスの1つになっています。フォトブックが普及をする前は単葉写真が主流で、アルバムに写真を納めて保管をするのが一般的でした。もちろん、今でもアルバム保管は広く行われていますが、フォトブックで残すと言う選択肢を取る方も非常に多くなって来ています。これまで、アルバム保管がメインだった方も一度、フォトブックに目を向けて見ると新たな発見があるかも知れませんよ。特に近年、大手から中小の専門企業まで競争が激しいフォトブック業界では価格面はもちろん、サービス面、商品ラインナップ面が充実して来ています。多様化するフォトブックの実情を見て行きましょう。

多様化するフォトブックの種類

フォトブックとはそもそも、写真をコンパクトな本にして保管するサービスです。アルバム保管では単純に写真をポケットに挟み込むだけですが、フォトブックであれば、レイアウトの自由度が高く、文字やスタンプなどもつけて装飾をする事も出来ます。近年は本のサイズもコンパクトなポケットサイズのモノから作品集を作るのに適した大型のサイズのモノまでラインナップが豊富です。また、紙質や写真のクオリティもフォトブックによって個性があるので、価格を重視するかクオリティを重視するかも自身の好みで選ぶ事が出来ます。更に、スマートフォンアプリを提供している業者の場合、スマートフォンの操作だけでフォトブックの作成から発注までを行う事が出来る様になっているのです。通勤通学の間や家事の空いた隙間時間に気軽に作れる様になっています。